ベトナムでの労働許可を得るには

外国人にも応募することができる職種がありますが、選ばれるためにはいくつかの条件を満たさないといけません。

ベトナム経済の自由化はベトナム進出を目論む企業にとっては好ましい状況をつくりました。その結果として、外国人がベトナムで働くチャンスも増えています。

これまでベトナム政府は経済発展と社会保障を支える法的制度を(特に外国人に対して)整えてきました。Decree no. 11/2016/ND-CP and the guidance Circular no. 40/2016/TT-LDTBXH が可決され、労働許可申請に必要な項目を刷新しました。

ベトナムで労働許可を得るのに知っておくべき事柄

外国人が労働許可を得るのに応募可能な種類

  • 専門家
  • 管理職managers and executive directors
  • インターン
  • 短期契約社員

専門家は諸外国の組織で何かしらの認定を得る必要があります。学士号以上、3年以上の特殊領域での経験; 応募先となるポジションにふさわしい社会人経験

ベトナム企業法 Law of Enterprisesによると、管理職は 民間企業の所有者、経営者、役員、社長、会長、取締役、部長または会社設立時に応じてそれにふさわしい地位を所持するとあります。

管理職は組織の長またはそれに準ずる地位を指します。

部長とは組織や企業の一部において責任者となる地位を指します。

外国籍の学生はベトナムにある代理店、組織または企業から署名されたインターンシップ契約書が必要です。

管理職、役員、駐在員または技術者として30日以内であれば別の種類で外国人としてベトナム入国を申請できます。しかし、1年間での総労働期間を90日を超えることができません。

ベトナムで労働許可を取得するための必要事項

外国人として労働許可を得るには、犯罪履歴あるもしくはそれに準ずるベトナムもしくは諸外国法に基づいて起訴された状態にあってはいけません。

パスポートコピーは申請者の出身国の機関によって発行されたものである必要があります。申請書類の中に、企業からの事前承認書類を含める必要はありませんが、ベトナム雇用者は規定に基づいて報告する必要があります。

もし以前に労働許可を得たことがあったのならば、特殊なケースとして認められることがあります。その場合、移民局は以前の記録を照会することにより2回目/3回目の書類作成をすることができるので、大幅に時間短縮をすることができます。

申請手順

ベトナムで労働許可を得るには次の順番で行います。

1. ベトナムでの雇用者から職位を示す証明書を発行してもらいます。

2. 3枚のパスポート用写真を準備します。

3. 出身国またはベトナムの病院から健康診断証明書を発行してもらいます。

4. 出身国で犯罪経歴証明書を発行してもらいます。

5. ベトナム労働局に申請書類と一緒に全ての必要書類を提出します。

間違ったやり方とは?

ベトナム政府は労働許可のない、もしくは期限切れの外国人を強制退去させてます。

もし雇用者が報告を怠ったり十分でない場合、監督責任として500万ベトナムドンから1000万ベトナムドンの罰金が科せられます。

もし雇用者が労働許可のない、期限切れ、もしくは例外的に労働許可を得ることもなく外国人を働かせた場合、雇用者は次の罰金が科せられます。

• 10人までの外国人労働者につき3000万ベトナムドンから4500万ベトナムドン

• 11人以上20人までの外国人労働者につき4500万ベトナムドンから6000万ベトナムドン

• 21人以上の外国人労働者につき6000万ベトナムドンから7500万ベトナムドン

雇用者は重要な違反を犯した場合、最大3か月間営業停止させられることもあります。

ベトナムで働くこと

ベトナムで3か月以上仕事をするなら、商用ビザが必要です。そのうえで、長期の就労ビザを申請することになるでしょう。この記事ではこの国における就労するためのプロセスを簡潔にご案内します。

申請方法

商用ビザprofessional or business visaを得るには、ベトナムにパートナーがいることが好まれます。パートナーとは出資者のことで特には雇用主を指します。雇用主はそれがベトナムの人たちでは満たすことができない特殊な技能を必要とする職種であることを政府機関に示すことによって、初めて外国人を雇用することができます。

あなたのパスポート番号や有効期限を含む個人情報や渡航目的、滞在期間や入国回数などを提供することによって、雇用主は申請を進めることができます。

この段階を通して、ベトナム政府より認められた許可書を受け取ることができるでしょう。そしてその入国許可書と共に2種類の正式な申請書類、パスポート写真とを提出します。

 確認事項:

もしビジネスパートナー、雇用主や出資者などがいない場合、観光ビザで入国して出資者を見つけてから商用ビザに切り替えるという方法もあります。

就労許可

ベトナム政府によって示された条件を満たすことができれば就労許可を得ることができます。その国に到着したらそれを得ることができます。その条件を満たすには、18歳以上で、健康状態もよく、犯罪歴を持たないことが必要です。加えて、会社で特殊技能を持つ(例えば)マネージャーや役員などの役職に就いている必要があります。

確認事項:

就労期間は雇用契約の期間に準じます。しかし、最大36か月と定められています。

仕事探し

仕事を探すには キャリアリンクベトナムのような求人情報サイトなどのオンラインで探すか、代理店を通して探してもらいます。その国に友達や親戚がいるなら、聞いてみてください。地域により様々な産業の需要があることがわかるでしょう。以下の記事にも記載があるので探してみましょう。

外国人としてベトナムで働く

近年、ベトナムで働く外国人が増加しており、外国人を雇用するベトナムの企業や組織からの需要も増えています。以前、外国人としてベトナムで働く方法について、5つの傾向をお伝えしたことがあります:

しかしながら、見知らぬ土地で(アルバイトであろうと正社員であろうと)仕事を探すのは容易ではありません。こちらの記事では外国人としてベトナムで働く方法をご案内します。

まず初めに、ベトナムで働くためにビザを取る方法について、見ていきましょう。

ベトナムで働くためのビザ取得

職探しのためベトナムに行くには、観光ビザでも商用ビザでも問題ありません。しかし、大きな違いが一つだけあります。

観光ビザで職探しすることはできますが、職を得たときすぐに働くことはできません。もし職を得ることができたなら、まずはベトナムから出国したのちに、商用ビザを取得して就労ビザに切り替えるか、雇用主に直接就労ビザを申請してもらいます。

一方で、商用ビザは職探しをすることができるだけでなく、職を得た場合、すぐに働き始めることができ、就労ビザに切り替えることが可能です。

観光ビザも商用ビザも、ベトナムビザセンターを通して、入国時に容易にビザを取得することができます。

アライバルビザの取得方法→ ベトナムアライバルビザの取得方法

この方法は多くの観光客や出張者から好評を得ています。その理由は:

  1. 書類提出不要;
  2. 明確な必要情報項目;
  3. オンライン申請.

ベトナムでの求人

  • 都市部において国際貿易が活発になるにつれて、ベトナムでの求人は増加傾向にあります。すでに多くの若者は英語も話せますが、学校はプロモーションの一環として外国人を歓迎しています。
  • 都市部やその他の地域における外国人特有の仕事を見つけ出すのは困難でしょう。なぜならベトナム語を話せることが必須になりますので、ベトナムでそうした仕事を見つけるのは難しいです。
  • 英語教師になる、もしくはベトナムの国際組織でボランティアをするということは、可能性として十分にあり得ます。実際、観光客として都市部で滞在したのちに、英語を教えるようになった多くの方がいらっしゃいます。
  • ボランティアの求人には、障害児支援や女性のための保護施設、もしくはNGO(非政府組織)も含まれます。
  • 外国人がベトナムに移住して就労もしくはボランティアには、国籍や仕事内容により異なりますが、ある程度の費用がかかります。同様に、雇用するにあたっては、企業側にも費用がかかるということは覚えておきましょう。

外国人としてベトナムで働くには

1. ウエブサイトで求人を探す

まず初めにLinkedIn などのSNSにアクセスしてみましょう。すぐに仕事をみつけることは難しいかもしれませんが、将来の仕事をみつけるためのきっかけとなる知り合いを見つけることができると思います。あなたが探している業種においてすでに働いている人からにアドバイスをもらうことも可能でしょう。

2. 友人に助けを求めましょう

求人をする際に、社交性というのは最も重要なツールです。企業というのはそこにおける社員の知り合いというだけで多くの便宜を図ってくれる場合があります。ベトナムで外国人として仕事に就くには非常に有効な手段です。あなたが希望する業種で働く人と知り合いになれるよう努めてみましょう。

アドバイス:必ずしも一人一人に電話をかける必要はないです。出会った人に単純にあなたがAという業種でBというポジションを希望しているという「知らせ」をさりげなく伝えてみましょう。家庭にいる人があなたの求職に役立たないなんて思わないでください。実際、あなたが旅行で訪れるベトナムのような離れた場所でさえ知り合いがベビーシッターを探しているかもしれません。

3. ベトナムの地元紙を使った職探し

多くの求人リストは無視して構いません。あなたの住まいの地域だけに絞ってください。情報を得たら、直接コンタクトしてみましょう。まだ求人さえしていない職種に巡り合えるかもしれません。

アドバイス: 職探しをするためだけに遠くに行く必要はありません。会社によってはこちらから伺うよりも向こうから来てもらうことができるかもしれません。特に専門職を募集しているなら猶更でしょう。なので、地元紙を読むだけでなく、他に求人を載せていないか確認してみましょう。

4. ベトナムの大学で働く

大学であればキャンパス内に様々な仕事があります。食堂やイベント運営、もしくは募集さえあればツアーガイドになることだってできます。これらの仕事は割のいいことが多いうえに、キャンパスが家から近ければ通勤も便利です。それに決まった時間で働くことができれば、ほかの空き時間には旅行や余暇を過ごすことができます。

アドバイス:大学はほとんどの場合、学校の始まる時期よりかなり前にアルバイトを募集します。ベトナムで外国人として働くには、大学のホームページもしくは関連部署に直接募集がないか聞いてみましょう。

5. 無給で働く

あまりお金に興味がなければ、将来的に働きたいと思う会社で一定期間、無給で働いてみるのもいい方法だと思います。その間に必要となるスキルを身につけ、専門的な職場で様々な事を学び、仲間をつくることができます。良い仕事をすれば、必然的に将来、就職のチャンスがめぐってくるでしょう。

6. ジョブフェアに参加する

ジョブフェアに希望する企業が参加していれば、担当者に会うことができます。可能であればそうした機会に参加すべきでしょう(通常は無料で参加できます)。企業の採用担当者と直接話すことができれば、希望している職種の条件など詳細を理解することができるでしょう。

7. 起業する

不況の時にこそ、自営業を営むことは優れた選択だと言えます。もちろん成功するには、あなたの実力と情熱次第であることは言うまでもありません。

“Save the Student”という団体の設立者は、自らを知ることが重要であると主張します。もちろん起業することは素晴らしいことでありますし、ものすごい冒険であり、多額の利益を得ることもできるかもしれません。ウエブサイトなどを通じて若年層でも会社を設立することが難しくなくなってきました。 Smarta.comやShell-LiveWire.comで設立者の創業物語や成り立ちを読むことができます。

もし1年後に思ったように行かなかったとしても、あなたは素晴らしい経験を手にすることができるでしょう。それに、もし一度決心したことであれば、後悔することはないでしょう。

外国人としてベトナムで働くことについてどう思われましたか。感想を共有いただければ幸いです。もしこの記事が役に立つなら友達と共有してください。頑張ってください!