ベトナムに移住すべき理由

海外移住をするということは世界を知り、新しい生活を満喫する絶好のチャンスです。近年、海外移住することは、決して珍しいことではございません。しかし、世界は広いです。新生活を始めるなら、候補となるところはたくさんあります。あなたが海外移住して新生活を始めるとするとベトナムがその候補となりえますか?今から、そうすべき理由をご案内します。実際、駐在員として滞在する以外でも候補となり得る理由がたくさんあります。

私は首都であるハノイと大都市であるホーチミンに滞在していたことがあります。駐在員の多くはその2都市に滞在していますが、それ以外にも考慮すべきたくさんの都市や町があります。ここではベトナムで移住する際にかかる費用に注目してお話ししましょう。

滞在費用

ベトナム滞在費用は世界中から訪れる駐在員にとって魅力的です。多くの駐在員はベトナムがそれほど安い訳ではないと言いますが、私は滞在費用はやり方によっていくらでも下げられると考えます。 アパートを探す にしても $230から$1000までどのような生活スタイルを送るかにより選び放題です。予算が限られているなら、必要な家具などを売買している人たちにコンタクトしてみましょう。

ベトナムでの食費も安く抑えることができます。屋台で食べるなら1.25ドルでレストランで食べても4ドルくらいでしょう。移動費用も格安です。バイクを買うなら300ドルだし、バスで移動するなら1ドルもかかりません。Grab (Uberのようなツール)は広く使われています。自転車もよく使われます。

ベトナムで格安移動手段についてはこちらで詳細が載っていますが、移住する前にどのように費用を抑えるべきか検討できるでしょう。

ベトナム料理

あなたの住んでいるところにもベトナム料理屋が何軒かあると思いますが、おそらくあなたもそこのレストランが大好きだと思います。私のカナダ人の友達もカナダのベトナム料理屋がどれだけ素晴らしいか熱く語ってくれましたが、私も彼女に本場のベトナム料理が、いかに本場で新鮮で安いかを伝えたことがあります。

ベトナム人はその料理にプライドを持っています。おいしいことはもちろんですが、私が今まで食べた料理の中ではもっとも健康的な料理であると思います。ベトナムの北から南まで新しい感覚の味覚をもたらしてくれる一方で、お財布にも優しいです。これだけでもベトナムに移住する価値があると言えます。

気候

私がベトナムで感動したことの一つに北部、中部、南部と異なる気候が挙げられます。ハノイに住んでいた頃、誰も寒い冬が訪れることを教えてくれませんでした。そこは「東南アジア」なんだから冬用のコートなんて必要ないと高を括っていましたが、それはとんでもない間違えでした。12月の終わりから1月の終わりくらいまでにかけて、ハノイ周辺の北部は4度くらいまで気温が下がります。それ以外の季節は年中湿気のある暑い季節が続きます。

寒いところが苦手であれば、中部や南部で生活できます、雨や湿気が気にならないならその地域がよいでしょう。

言語

ベトナム語は難しい言語であることは間違いないです。しかし、ベトナムは10年前くらいからとてつもない数の英語教師を雇いはじめ、国中でマッシュルームのごとくものすごい数の語学学校が立ち並び始めた結果、ベトナムの多くの若者は英語を話せます。それがベトナムをおすすめする理由でもありますが、それでも基本的なベトナム語を学んだ方が日常生活を送るには役に立つことでしょう。

ベトナムの仕事

ベトナムでは様々な英語教師が滞在しています。 ベトナムの日本語教師 の需要はうなぎ上りであり、伸び続けています。正しく申請をすることさえできれば、英語教師の職に就くことはそれほど難しいことではありません。一方で、英語を教えることが全てであるとは思いません。駐在員になることの一つの手段ではありますが、その他にもサービス業、IT,金融、技術職など外国人に開かれたたくさんの仕事があります。

ベトナムのインターネット事情

もし遠隔で仕事をするのであれば、インターネットが間違いなく重要な役割を担います。もう一つベトナムで驚くべきことは、ベトナムにはすごい速さのインターネット設備が備わっていることです。私が現在住んでいるシェアアパートでも35メガありますのでとっても便利です。携帯でインターネットにアクセスするのももちろん簡単、格安で素早いです。

ベトナムでの国内旅行

私がベトナムに移住した主な理由としてはすばらしい旅行であり、それは間違えていなかったと思います。ベトナムの地形は完璧です。リゾートにはうってつけの海岸沿いにある一方で、反対側には山登りに森林、野生動物や秘宝散策なども楽しめます。ベトナムではバス、電車、飛行機やバイクなどで国中を容易に散策できるので、 ベトナムの交通機関 は便利できます。それに バックパーカーするにしても格安で旅行できます。  ベトナムのホステルを閲覧してみてください。

ベトナムビザ

ベトナム移住でもう一つ忘れてはならないのは、容易にビザを得られることです。 仕事に就いていなくても商用ビザから始められますが、のちに就労ビザに切り替えることもできます。商用ビザを得ていれば、アパートを借りたり、仕事を見つけたり、子供の学校を探すこともできるでしょう。もし最低1年の商用ビザを得ることができなかったとしても、ベトナムが好きかどうかを見定めるために観光ビザを得るという方法もあります。でも、観光ビザではアパートを借りたり、仕事に就いたりすることは違法になります。ベトナムビザ申請方法を確認してみてください。

ベトナム流おもてなし

おそらくベトナム人は、私が今まで出会った中でもっとも親切な国民の一つです。私はベトナム北部にいたとき、地元の家族が1か月間、部屋を提供してくれ、生活を共にしていました。地元の人たちはあなたを喜んで助けてくれますし、英語で話しかかけてくれます。近所の人たちにご飯をごちそうになったり、何か必要な時には助けてくれるでしょう。彼らは微笑みかけてくれたり、挨拶をしてくれたり、時には言語の壁があったとしてもお話しすることもあるでしょう。

ベトナムの駐在員コミュニティー

ベトナムの駐在員コミュニティーは大規模であり、とても役立ちます。私がホーチミンに引っ越した時に駐在員コミュニティーは友達のネットワークを形成したり、日々疑問に思うことや国で起こることを解決したりするところでした。

ハノイもホーチミンも大規模なコニュニティーがありますが、ホアヒンやダナンのような小さな町でもそうしたコミュニティーは必ずあります。

ベトナムでの医療

近年、ベトナムの駐在員が増えるにつれて、ベトナムでの医療はものすごく改善されてきました。国際的な医療関連の会社はベトナムでもビジネスを始め、トップクラスのサービスを提供しています。

この国にいる多くの医者たちは西洋で学び、実習をしてきています。多くの国際医療機関が、様々な言語で駐在員にも地元の人々にもサービスを提供しています。

比較的価格の安いところから豪華なところまで、様々な種類の病院が国中にあります。

渡航先を選ぶときに容易なビザから滞在費まで含めて必須条件だと思いますが、私は個人的にベトナムこそが駐在員にとって天国だと言える思います。逆に私はベトナムに移住しない理由が見当たりません。完璧な国であると言い切れないというのはわかりますが、駐在員にとってベトナムが他の国にはな素晴らしい国であることは間違いありません。

外国人はベトナムやベトナム人をどう思っているのか

ベトナムに住んだことのある世界中の外国人がベトナムやベトナム人についてどう思っているのか聞いてみましょう。

1. ベトナムは観光するところがたくさんあります。

アメリカ人のトミー・モアは3年間で5回もベトナムを訪れています。そこで他の観光後脚が行かないようなところで時間を過ごしています。彼はベトナムにあるたくさんの場所が大好きです。

「ほとんどの人が北部のハノイや南部のサイゴンで観光はしますが、そこで終わらしてしまうのはもったいないです。

もちろん北部であれば言葉では表しきれない美しいハロン湾があります。私はこんなに美しい場所をみたことはありませんし、比較対象となるところも知りません。

南部であれば、サイゴンから湾岸沿いに1-2時間車で移動したところにブンタウというところがあります。ビーチはホーチミンの熱狂的な都市文化とは異なるので気が休まります。それに湾岸沿いや山々にある崖が絶景であり、大好きな場所です。」

2. ベトナムに恋に落ちて移住を決めました。

2012年からベトナムに住んでいるデイビット・デビーはベトナムに関して素晴らしいコメントをしてくれました。

「私は6年前にベトナムに来て、それ以来ずっと好きです。ベトナムは単純に素晴らしい国です。国に恋に落ちて移住を決めたといっても過言ではありません。

私はベトナムでは詐欺が横行してストレスを感じるので、外国人は来るべきではないという記事を以前、読んだことがあります。不幸な旅行者がいることは残念ですが、そういった例は少ないと思います。ホーチミンは多くの人が働く活気のある大都市です。交通渋滞はものすごいですが、私は間違えなくこの都市が好きです。ホイアンやダナンは平和な都市ですと、人々はとってもフレンドリーです。」

3. ベトナムは妙なところですが、私はそれに適応して最終的には大好きになりました。

オーストラリアの学生であるダニエル・コーネンはホーチミンの大学で7か月ITを学びまいたが、そのときの思い出を教えてくれました。

「ベトナムの最初の思い出はバイクと渋滞です。バイクはスゴイです。スクーターはどこでもあります。轢かれる前にバスが止まってくることはないでしょう。交通規制はあってないようなものです。初めのうちはその危険で混沌とした中で生活するのがものすごく嫌でした。オーストラリアみたいに他人に気を使ってくれることもありません。それでも私はそれに慣れてきたら、最終的には大好きになってしまいました。

ベトナムにはたくさんの健康的な料理があります。ファーストフードは健康的な食事よりも2-3倍高いですので高級品として扱われますが、私は好きです。

ベトナムで旧正月を過ごすのは幸せなことでしょう。旧正月はベトナムにおいて重要です。みんな実家に帰るので、ホーチミンは1週間くらいゴーストタウンになります。

ベトナムでの物件購入

駐在員にとってベトナムで物件を購入することは、ジレンマに他ならないです。ベトナムに来て、その土地を好み、住み着くことになるのかもしれません。でもどこに住むことになるのでしょうか。一生、借家ですか。もし再度、移住することもないのであれば購入も選択肢の一つとなるでしょう。それは考え込むほど深刻なことではありません。間違えなくタイより容易でありますし、資金を損なう危険性も少ないと思います。

ベトナム財産法の変化

2015年7月ににベトナム政府は規制を変更しました。それにより外国人もいくつかの基準を満たせば、物件を購入することができるようになりました。物件購入者は50年間の賃貸契約を行い、それを売り出すもしくは転売もしくは譲渡することができます。

その新しい法律によると、外国人や外国の企業は営利目的でアパートや住宅の所有権を持つもしくは購入することができます。ただし、一部の地域では外国人が所有することは許されていません。ある区画にあるアパートの最大30%、もしくは250軒の家屋が駐在員に許されています。50年の賃貸権は延長することができると思いますが、時間がたつにつれて変更される可能性もあります。

建物だけで土地を所有できないことが不公平に思えるかもしれませんが、地元の人達にとっても同じです。この国では政府が土地を所有します。その規制が公示されて以来、不動産市場は過熱化して、多くの外国人も参入してきています。ベトナムはすでに力強い経済と中産階級に支えられているのです。

この新しい法律は外国に住むベトナム国籍にも当てはまります。外国に住む420万人のベトナム人と3万人の外国人高所得者にとって、ベトナム不動産は巨大な可能性があります。

ホーチミンの大変化

ホーチミンの近代化は都市開発を推し進めています。ビンホームによる新タワーの建設District 1は新しい未来を予見させます。461メートルあるランドマーク81タワーは東南アジアでもっとも高いビルとなるでしょう。ベトナム経済は年間5-7%以上の割合で急加速で成長しています。2015年には42,000軒あるアパートのうち36,000軒は売れましたと教えてくれたRESS不動産の松本氏。ベトナムは投資にうってつけの場所に思えます。ホーチミンの中で最も高い地域は平米当たり3,000ドルから5,000ドルくらいです。それがバンコクであれば平米当たり9,375ドルに当たります。 ビナキャピタルによれば、利回りが、バンコク、香港、シンガポールより1.5-2.5%高いことになります。