ベトナムにおける個人所得税

ベトナムで働く外国人にとって、個人所得税personal income tax (PIT)の適用を受けるということは、いくつもの規定を解釈することから始まる。すなわち、外国人はその適用範囲と節税の可能性を正確に見積もらないといけない。

ベトナム国内の税金に関する専門家に相談することは、個人個人の課税額を把握するのには役立つかもしれません。一方で、雇用主はよりよい条件で給料を提示できる可能性もあります。ベトナムにおける個人所得税の原則をご案内させていただいたうえで、所得税における免税や扶養家族の減税についてご説明させていただきます。(従業員としての報酬はPITの対象外です。)

在留資格と所得税債務

ベトナムの個人所得税法Law on Personal Income Tax は、所得を減税、税率とそれに関する例外に関して10種類にわけます。

税務上の居住者とは、ベトナムに入国してから暦年もしくは連続した12か月間に183日以上の滞在者を示します。

居住者は世界中で得た雇用所得から(支払われたかどうかに関わらず)累進税率で5パーセントから最大35パーセントの税金を払う必要があります。非居住者はベトナムでの所得のうち20パーセントの固定税率で支払いを行います。

一般的に、ベトナムでの毎月の給料には額面収入と必須となる社会保障が全て含まれています。所得税は社会保障費を除いたうえで、計算しないといけません。企業は従業員のために、前年の収入を基に年初に、所得税の最終報告を行います。

非課税所得

ベトナム税務局はPITから免除できるいくつかの所得に関して記述しています。

  • 1つの住宅または土地の所有者が移転に伴い得た収入
  • 銀行預金や生命保険から得た利益
  • 海外送金、退職金、奨学金
  • 慈善基金または保険金
  • 夜勤手当または残業手当
  • 政府または非政府の海外慈善団体から適切な組織の承認を得て人道的な目的で得た手当

納税者は課税収入から毎月US$388 (VND9,000,000)または毎年US$4,700 (VND108,000,000)控除することができます。毎月収入があるかどうかにかかわらず1年間の合計額は同じになります。

免税

ベトナムにおいて、外国人は雇用報酬として一部免税を受けることができます。免税に該当するのは以下の通りです:

  • 外国人としてベトナムに赴任する際の一時手当
  • 年一回一時帰国する際に雇用主から支払われる往復航空券代金
  • ベトナムにおいて雇用主によって支払われる駐在員の子供が通う一般教育費用および学費

加えて、ある条件を満たせば非課税として扱われます。

  • 課税対象となる全収入の15%を超える住宅費用(雇用主から支払われる住宅費用は除く)
  • 従業員に支払うための通勤費用
  • 社命もしくは従業員の仕事に関わるトレーニング費用
  • 雇用主が従業員に用意した場合の食事代金
  • ある程度の規則の範囲であれば、電話代金、文具、日当、作業着等を含む推定支出は、税金の対象にはなりません。

扶養家族に関する減税

それぞれの扶養家族に関する減税範囲は月間US$155 (VND 3,600,000)と定められています。扶養家族は18歳未満の子供もしくは18歳以上で月間US$21 (VND 500,000) 未満の収入の子供が対象となります。加えて、配偶者もしくは納税者の親で働いていないもしくは収入の少ない方も対象となります。

それぞれの扶養家族につき一人が申請できます。扶養手当は自動では付与されませんので、納税者は対象となる扶養家族を登録して、税務局に書類を提出する必要があります。

納税

従業員のために外資系企業Foreign invested enterprises (FIEs) は前年の収入を基に年初に、所得税の最終報告を行う必要があります。

もし従業員が複数の収入減をもち、自ら申告を行う場合、企業は要望に応じて税金控除を発行できます。駐在員のベトナムでの労働契約が年末になる前に失効してしまう場合は、帰国前に確定申告が必要になります。

納税者は現金または口座振替のいずれかの方法で税務署に支払います。納税者は役所からのバウチャーを受け取ることにより、直接現金で税務署に支払うことができます。もしくは税務署の銀行口座に直接送金することもできます。税金の支払期限は確定申告の期限と同じ年末から数えて90日前までになります。

課税所得の振替

課税所得を外貨で受け取る場合、収入を得た日時でのベトナム国家銀行が発行する銀行間取引外貨為替レートにおけるベトナムドンを適用します。

ベトナムで外国人はなぜ地元の人達より稼がなくてはいけないのか。

ここでは賃金格差とその背景となる理由について説明します。

ベトナムでは事実として、給料の話になることがあります。他の人が生活費にどれくらい使っているかは知りませんが、どれくらい稼いで、会社から休暇を与えられているかは知っています。

ときにはあなたが何をしているかよりもどんな人であるかが重要で、給料は同じ仕事をしていたとしてもどんな資質を持っているかで2倍も変わることがあります。

しかし、同じことがベトナム人と駐在員との給与体系の違いに当てはまるわけではありません。実際、特定の産業において高給となる仕事は外国籍に与えられるうえに、ベトナム人と同じような仕事をしてより高い給料を得ている外国人もいます。従業員にとっては疑問に思えることでしょう。

国際問題?

昨年、ESRCによる調査がガーディアン紙で発表されました。それによると発展途上国における人道支援や開発援助に関わる国際スタッフの給料はそれに関わる教育や研修なども含めると地元の人達と比べて合計では4倍以上もするということです。

同様に、ECA International(Employment Conditions Abroad)によって最近発行された年次調査によると、シンガポールにおける駐在費用は、アジア諸国でもっとも高く、通常の給料に加えて、税金や住居、インターナショナルスクール、施設、車なども含めると1年間でS$316,600 ($235,425)もかかるといいます。世界銀行の調べでは、シンガポールの平均年収は$51,880なので4.5倍近くかかるということになります。

しかし、ベトナムにおける実例に関しては、あまり知られていないように思えます。

おそらく現在まで、賃金格差は問題として取り扱われてこなかったからかもしれません。

今年の初めにオックスファムは、性別、民族、地域など、ベトナムにおけるあらゆる不平等を記載した調査を発表しました。しかし、そこにも駐在員と地元民の収入格差を示すデータはありませんでした。

2016年に発行されたHSBCの駐在員に関する調査が、ベトナムにおける給料に関して調べた数少ない資料のうちの一つですが、駐在員と地元民との給料格差に関して批判的に焦点が当てられているとはいえません。実際、HSBCは駐在員に優しい国として、東南アジアの中でシンガポールの次にベトナムを世界で19番目として挙げています。

HSBCの調べによると、ベトナムの駐在員は平均年収が$103,000 となり、昨年世界銀行の調べにより$2,200であったベトナム人の平均年収の50倍にもなります。今年1月に、ベトナムの労務相は、ベトナムの駐在員が2004年から6倍の12,600 人から 80,000人以上に増えていると発表しています。

これらのことを考慮すると、一般的に東南アジア、特にベトナムが、駐在員が出世していくための場所であり、地元民と外国人との格差は広がっていくように思えます。南国での6倍の給料って誰の経費なのでしょうか。

その差はどのように機能しているのか。

ベトナムにおける外国人とベトナム人の給料や雇用の格差は教区業界で最も顕著です。

ベトナムにおける急激な経済成長を顧みて、留学をするベトナム人も増えてきましたが、ホーチミンやサイゴンのような大都市では何千もの英語語学学校が若者の需要に対応するために、ここ10年の間に軒並み増えています。ハノイのNGOで働いている26歳のスコットランド人、ブリクサがベトナムで得た最初の2つの仕事は語学学校で働く英語教師でした。彼のインターンシップとしての給料は、ビザや住居、旅費などもすべて含めて月収600万ドン($264)でした。のちに月収1000万ドン($440)まで昇給しました。

そのときまでに彼は教師として正社員の職を得た際は、6か月目にして40分の授業で$28、月収にして3000万ドン($1,319)を得るようになりました。

ゴク・トランは、ブリクサと同じ語学学校で補助教師として2年間働いています。彼女の給料は1クラスで53,500ドン ($2.35) であり、外国人教師の12分の1です。ゴクの日々の仕事は、管理、出席確認、評価、外国教師や生徒の補助、急に授業を頼まれることもあります。彼女は月収で500万ドン ($219)ほど稼いではいますが、それでもブリクサのインターンをしていた頃よりも少ないです。

ブリクサは次のように言います。「外国教師はベトナム教師に面倒くさい仕事ばっかりさせます。教室の管理であったり、採点であったり。時には1週間で60クラスの採点をしなくてはいけません。一方で、外国人教師は授業中に仕事をするだけです。」

しかし、給料の違いは教育業界だけではありません。実際は、技術職から開発、経営層やコンサルタントにも及びます。

アン・トランは、情報サービスに属する外資系企業のSGHアジア社で人事マネージャーとして働いています。彼女によると外資系企業でも給料格差は一般的であると言います。

これに加えて、駐在員であれば雇用時に与えられる住宅費用、航空券、国内旅行、保険、インターナショナルスクールの学費などの福利厚生があります。

アンは「ときどき効率のことを考えると不平等に思えます。だってベトナム人でも外国人でも同じことでも駐在員であれば多くの給料をもらえます。」と言います。「私のように人事にいれば、誰でもわかっていることですが、私たちにできることは何もありません。」

扱いの違いは採用時から始まっています。ベトナムで人材が不足していなかったとしても外国人であればある程度の仕事をみつけることができます。

ハノイの転職フォーラムに行けば、英語が母国語となる外国人を対象に月収$1,000 から $2,000くらいでたくさんの広告をみつけることができます。アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダなどが含まれます。

ゴクによれば、母国語話者であれば、通常は教授方法についての大学学位が必要だと思われるが、外国人教師はオンラインで得られるTEFL (外国語として英語教授) または TESOL (外国語話者に対する英語教授)の資格を得ればできます。

ブリクサの多くの友達は、ベトナムに住む外国人教師ですが、教育に関する資格や経験はありません。

原因は政治関係やそれ以上の事柄を含みます。

ベトナム人の経営者ですらベトナム人より外国籍の方に多くの給料を払っている理由がわかりません。ある産業では、需要と供給の関係に基づいているかもしれません。例えば、教育業界であれば、親が子に、アジア人の英語話者よりも白人に英語を習わせたい、という現実的な需要があるとブリクサは言います。

一方で、技術職であれば、アンは信用の問題だと言います。彼女の会社はドイツからの100%の資本であるので、ドイツ語話者がより信用される傾向があります。

「技術面において、海外とのやり取りを必要とする駐在員の職務があります。駐在員は一定のコミュニケーションルールの元で働くので、貴重だといえます。」とアンは付け加えました。「しかし、外国人であればより信用できるし、技術があると思われる節が特に営業職ではあります。世界で共通の人種問題であると言えます。」

高給取りが成り立つ一方で、他国に仕事のために移り住む際には「生贄」となる人もいます。そのような差別は、時に暗黙の了解にも思えます。

通常であれば、両者は同じ国に住んでいるというのに、外国人の専門職は出身国との比較の中で給料は支払われる一方で、ベトナム人はベトナムの給料体系の中で支払われます。争いはそこから生まれるのです。 

とはいえ、その違いに気づいているベトナム人は、その問題に対して忠告すると職を失う恐れがあるので、通常は何も言いません。

「ベトナム人の先生は給料の違いに気づいていることは間違えありませんが、私に対して直接不満を聞いたことがありません。」とブリクサは言います。

彼自身がベトナム人の主任と差別的な扱いについて抗議したことはありますが、誰もそうしようとする人はいません。「ベトナム人の先生に支援してくれる労働団体などはいません。」

「でもベトナム人より外国人の方が理解があるというのは非常に心地が悪いです。」とブリクサは加えました。

給料の違いは両者から検討しないといけません。主張、困惑、縮小、指摘などなどされたとしても、雇用主や社会からの批判的な反応がない限り、給料格差に関する溝は埋まりません。

ベトナムにおける給料格差の問題はあまり取り扱われていませんが、いまだに公共の場面でも私的な場面でも確かに存在します。なぜそんなに違った扱いが生じるのでしょうか。ある人は国籍だけで他の人よりも特権を持るのはどうしてでしょうか。

おそらく再度、話し合われるべきでしょう。

ベトナム人を好きになる11の理由

40年以上たった今も世界中の多くの人がベトナムと聞いて戦争を思い起こす でしょう。しかしベトナム人の共通した感情は独立のために戦ったことを誇りに思う一方で、平和への願いが一段と強いです。この永遠の楽観主義が、ベトナム人が私たちに魅了する理由の一つです。あと11の理由があります。

昼寝好き

専門家は2時間ランチを取って隠しますが、労働者はハンモックを持ってきて木陰に寝転んだり、陰になっているところで寝ころびます。ベトナム人は昼寝が大好きです。外は暑すぎますし、大雨が降ることもありますが、ただ忘れて寝ころぶだけです。

許します

外国人が間違ってしまったら、ベトナム人は許してくれるでしょう。玄関で靴を脱ぎ忘れても、飛びかかってくることはありません。名前を呼び間違えても問題ないでしょう。バイクで間違って曲がってはねてしまっても、けんかを仕掛けてくる人はいません。ベトナムで小さなことはいつも許容されます。

年長者を敬います

ベトナムで家族の絆はものすごく強いです。彼らは家族に関して、経験が敬われるという儒教的な価値観を持ちます。ベトナムは比較的新しい国ではありますが、若者はよい作法と謙遜を特に年長者に対して大切にします。ベトナムは近代化によりものすごい勢いで変化をしていますが、社会において家族は重要な役割を果たしています。子供が親に反抗する様子を見ることはないでしょう。

起業家精神

ベトナムは勤勉な国です。たくさんの仕事を掛け持ちで、長時間働く人もいます。一時はたくさんのことが起こりましたが、みんなや家族によりよい未来があるように働いています。ベトナム人は2016年に110,000の新規ビジネス を立ち上げました。多くの変化と可能性があることでしょう。

おもてなし

観光客が食事をとるために自宅や職場に招かれることは珍しいことではありません。とき、ベトナムではたくさんのおいしい食事を食べて、外でお祝いをします。そしてパーティーは夜まで続きます。日常生活でもたくさんの無欲な人々に出くわすでしょう。人々は独自の方法で外国人にベトナムの良い印象を与えてくれるでしょう。

恋愛を好みます

しばらくベトナム音楽を聴くと、なんで悲しい音楽が多いのか気になることでしょう。国中の歌手たちが、別れや報われない恋を終わりなく歌い続けているように思えます。ベトナム人は恋愛の歌が好きです。相手がいるときでさえ、喜怒哀楽にとんだ反応をします。ベトナム人が恋愛より好きなことは子供です。

教育

ベトナム人は教育熱心です。教育が次の世代に向けた投資だと考えられています。未来の財産は昨日の勤勉から訪れると言われています。学生にどれくらい勉強に時間を費やしているか聞くときっと驚くことでしょう。過熱しすぎなところもありますが、有名大学に行くために努力していることは立派な事です。入学をすれば、彼らは優秀な成績をおさめるためより一生懸命勉強することでしょう。

野心

ベトナムは競争社会です。求人市場はとても競争が激しく、あらゆる産業ももちろんです。ベトナムでは頻繁にビジネスが立ち上げられたり閉められたりします。たくさんの機会がありますが、それをモノにするには大変な努力が必要です。ベトナム人は成功するため野心を燃やしています。

料理上手

ベトナム料理がおいしいことは間違えありません。ベトナムに旅行したり移住したりする際の一番の喜びが、一度も試したことのない新しい食事に出会うことでしょう。ベトナム料理はたくさんの種類があります。料理人は伝統的な料理に加えて、常に新しい料理をつくろうとします。ベトナムにおけるあらゆる食事がベトナムを好きになる理由でもあります。

おいしいコーヒー

輸出量で言えば、ベトナムは世界で2番目のコーヒー産出国です。地理的に言えば小さな国ですので、それはものすごいことです。ベトナム中部にある山間部の亜熱帯気候はロブスター種のコーヒー豆を栽培するにはうってつけです。ベトナムコーヒーを試した人はその虜になることでしょう。多くの人にとってベトナムを離れることは、カフェイン離脱症状になるということです。

ベトナムに移住すべき理由

海外移住をするということは世界を知り、新しい生活を満喫する絶好のチャンスです。近年、海外移住することは、決して珍しいことではございません。しかし、世界は広いです。新生活を始めるなら、候補となるところはたくさんあります。あなたが海外移住して新生活を始めるとするとベトナムがその候補となりえますか?今から、そうすべき理由をご案内します。実際、駐在員として滞在する以外でも候補となり得る理由がたくさんあります。

私は首都であるハノイと大都市であるホーチミンに滞在していたことがあります。駐在員の多くはその2都市に滞在していますが、それ以外にも考慮すべきたくさんの都市や町があります。ここではベトナムで移住する際にかかる費用に注目してお話ししましょう。

滞在費用

ベトナム滞在費用は世界中から訪れる駐在員にとって魅力的です。多くの駐在員はベトナムがそれほど安い訳ではないと言いますが、私は滞在費用はやり方によっていくらでも下げられると考えます。 アパートを探す にしても $230から$1000までどのような生活スタイルを送るかにより選び放題です。予算が限られているなら、必要な家具などを売買している人たちにコンタクトしてみましょう。

ベトナムでの食費も安く抑えることができます。屋台で食べるなら1.25ドルでレストランで食べても4ドルくらいでしょう。移動費用も格安です。バイクを買うなら300ドルだし、バスで移動するなら1ドルもかかりません。Grab (Uberのようなツール)は広く使われています。自転車もよく使われます。

ベトナムで格安移動手段についてはこちらで詳細が載っていますが、移住する前にどのように費用を抑えるべきか検討できるでしょう。

ベトナム料理

あなたの住んでいるところにもベトナム料理屋が何軒かあると思いますが、おそらくあなたもそこのレストランが大好きだと思います。私のカナダ人の友達もカナダのベトナム料理屋がどれだけ素晴らしいか熱く語ってくれましたが、私も彼女に本場のベトナム料理が、いかに本場で新鮮で安いかを伝えたことがあります。

ベトナム人はその料理にプライドを持っています。おいしいことはもちろんですが、私が今まで食べた料理の中ではもっとも健康的な料理であると思います。ベトナムの北から南まで新しい感覚の味覚をもたらしてくれる一方で、お財布にも優しいです。これだけでもベトナムに移住する価値があると言えます。

気候

私がベトナムで感動したことの一つに北部、中部、南部と異なる気候が挙げられます。ハノイに住んでいた頃、誰も寒い冬が訪れることを教えてくれませんでした。そこは「東南アジア」なんだから冬用のコートなんて必要ないと高を括っていましたが、それはとんでもない間違えでした。12月の終わりから1月の終わりくらいまでにかけて、ハノイ周辺の北部は4度くらいまで気温が下がります。それ以外の季節は年中湿気のある暑い季節が続きます。

寒いところが苦手であれば、中部や南部で生活できます、雨や湿気が気にならないならその地域がよいでしょう。

言語

ベトナム語は難しい言語であることは間違いないです。しかし、ベトナムは10年前くらいからとてつもない数の英語教師を雇いはじめ、国中でマッシュルームのごとくものすごい数の語学学校が立ち並び始めた結果、ベトナムの多くの若者は英語を話せます。それがベトナムをおすすめする理由でもありますが、それでも基本的なベトナム語を学んだ方が日常生活を送るには役に立つことでしょう。

ベトナムの仕事

ベトナムでは様々な英語教師が滞在しています。 ベトナムの日本語教師 の需要はうなぎ上りであり、伸び続けています。正しく申請をすることさえできれば、英語教師の職に就くことはそれほど難しいことではありません。一方で、英語を教えることが全てであるとは思いません。駐在員になることの一つの手段ではありますが、その他にもサービス業、IT,金融、技術職など外国人に開かれたたくさんの仕事があります。

ベトナムのインターネット事情

もし遠隔で仕事をするのであれば、インターネットが間違いなく重要な役割を担います。もう一つベトナムで驚くべきことは、ベトナムにはすごい速さのインターネット設備が備わっていることです。私が現在住んでいるシェアアパートでも35メガありますのでとっても便利です。携帯でインターネットにアクセスするのももちろん簡単、格安で素早いです。

ベトナムでの国内旅行

私がベトナムに移住した主な理由としてはすばらしい旅行であり、それは間違えていなかったと思います。ベトナムの地形は完璧です。リゾートにはうってつけの海岸沿いにある一方で、反対側には山登りに森林、野生動物や秘宝散策なども楽しめます。ベトナムではバス、電車、飛行機やバイクなどで国中を容易に散策できるので、 ベトナムの交通機関 は便利できます。それに バックパーカーするにしても格安で旅行できます。  ベトナムのホステルを閲覧してみてください。

ベトナムビザ

ベトナム移住でもう一つ忘れてはならないのは、容易にビザを得られることです。 仕事に就いていなくても商用ビザから始められますが、のちに就労ビザに切り替えることもできます。商用ビザを得ていれば、アパートを借りたり、仕事を見つけたり、子供の学校を探すこともできるでしょう。もし最低1年の商用ビザを得ることができなかったとしても、ベトナムが好きかどうかを見定めるために観光ビザを得るという方法もあります。でも、観光ビザではアパートを借りたり、仕事に就いたりすることは違法になります。ベトナムビザ申請方法を確認してみてください。

ベトナム流おもてなし

おそらくベトナム人は、私が今まで出会った中でもっとも親切な国民の一つです。私はベトナム北部にいたとき、地元の家族が1か月間、部屋を提供してくれ、生活を共にしていました。地元の人たちはあなたを喜んで助けてくれますし、英語で話しかかけてくれます。近所の人たちにご飯をごちそうになったり、何か必要な時には助けてくれるでしょう。彼らは微笑みかけてくれたり、挨拶をしてくれたり、時には言語の壁があったとしてもお話しすることもあるでしょう。

ベトナムの駐在員コミュニティー

ベトナムの駐在員コミュニティーは大規模であり、とても役立ちます。私がホーチミンに引っ越した時に駐在員コミュニティーは友達のネットワークを形成したり、日々疑問に思うことや国で起こることを解決したりするところでした。

ハノイもホーチミンも大規模なコニュニティーがありますが、ホアヒンやダナンのような小さな町でもそうしたコミュニティーは必ずあります。

ベトナムでの医療

近年、ベトナムの駐在員が増えるにつれて、ベトナムでの医療はものすごく改善されてきました。国際的な医療関連の会社はベトナムでもビジネスを始め、トップクラスのサービスを提供しています。

この国にいる多くの医者たちは西洋で学び、実習をしてきています。多くの国際医療機関が、様々な言語で駐在員にも地元の人々にもサービスを提供しています。

比較的価格の安いところから豪華なところまで、様々な種類の病院が国中にあります。

渡航先を選ぶときに容易なビザから滞在費まで含めて必須条件だと思いますが、私は個人的にベトナムこそが駐在員にとって天国だと言える思います。逆に私はベトナムに移住しない理由が見当たりません。完璧な国であると言い切れないというのはわかりますが、駐在員にとってベトナムが他の国にはな素晴らしい国であることは間違いありません。